へっぽこ元ロボコニスト

ロボコンに燃え尽きた自分が日々の出来事を書くだけのブログです

2018/1/18(STMメモ)

チップからSTM基板を作るときの最小構成を作るときのメモ

最低限JTAGポートをつなげれば書き込みができる

 

例としてSTM32F405xx407のデータシートを示す

ポート名/データシート/Kicad/

PA13/JTMS-SWSIO/SYS_JTMS-SWDIO

PA14/JTCK-SWCLK/SYS_JTCK-SWCLK

NRST/NRST/NRST

またNRSTピンはスイッチをデータシートのようにスイッチをつけるとリセットが容易に可能

 

BOOT0ピンは10kでプルダウン

あと傍に0.1uのコンデンサ

 

VCAPは2.2uのコンデンサをつける

 

VDDは電源だから3.3Vを入れる

VDDAはアナログ系の電源のだけど3.3Vでいい

 

VSSはグラウンド

VSSAはアナログのグラウンド(A/Dコンバータのグラウンド?)だけど基本的にVSSAも同じグラウンドにすればいい

 

VBATは

VBAT supply for RTC, 20×32 bit backup

と書かれているからとりあえず3.3Vをつける

 

電源に対するパスコンは,3つぐらいでいいかな?